ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

いつも美空・全5巻(あだち充)感想&あらすじ・ヒロインは坂上美空という少女。彼女は4年前に祠からご神体を持ち出し…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

感想

深夜ドラマ「アオイホノオ」であだち充作品が読んでみたくなり、古本屋で買いました。ヒロインは坂上美空という少女。彼女は4年前に祠からご神体を持ち出したことから、13歳の誕生日の時に超能力を授かりました。その後に出会う、同じく超能力をもつ仲間たちと、別の神様から授かった能力で悪事を働く野神剛志と戦うというストーリーです。

別にバカにしているわけではないですが、あだち充という人は野球漫画以外も描くのですね。なんだか意外でした。しかも、この時代にどれほど流行っていたのか分かりませんがやたらと部活は新体操なのがよくわかりません。そういえば「神風怪盗ジャンヌ」という作品でもまだぎりぎりヒロインが新体操部でした。それとやはり気になったのが描きわけが本当に出来ない作者なのですね。顔が似ているのはまだしも、表情や髪形さえ他の作品と同じで驚きます。

始まっていきなりたくさんの豚たちが襲ってくるというシーンがあるのですがあれは何の伏線だったのでしょうか?しかも、飼育していると思われる男性がマシンガンのように口にするセリフもよくわかりませんし、一匹持っていこうとしているコマもあるのですが、子供が大きな豚一匹をと殺してさばいて解体することなんて出来るんでしょうか。持って行って一体何をするつもりなのか。