ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

小説

アクセル・ワールド20巻・白と黒の相剋(川原礫)感想ネタバレ注意!あらすじ・ネガ・ネビュラスのメンバーが白のレギオンの領土に乗り込む所が描かれます…。 #COMIC

アクセル・ワールド20 白と黒の相剋 川原礫∶ついに全面対決へ 兼ねてより描かれていた黒のレギオン「ネガ・ネビュラス」と白のレギオン「オシラトリ・ユニヴァース」との対立。 20巻ではついにネガ・ネビュラスのメンバーが白のレギオンの領土に乗り込む所が…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10巻(大森 藤ノ)感想ネタバレ注意!あらすじ・ベル君の立場が可愛そうすぎるというか、中々にハードな心理描写…。 #COMIC

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10 大森 藤ノ ダンまち、すごく楽しみにしていて延々と新刊を待ってたはずだったのに、いつの間にか発売して日が経っていました。で、慌てて購入したんですが、9巻に引き続き内容が結構重めです。そし…

感想・書評「私は存在が空気:中田永一」ネタバレ注意・6つの短編が収められた短編集、日影くん・日影さんたちが主人公の話がいくつかあります(レビュー)。 #読書

「私は存在が空気」 著者:中田永一(なかたえいいち) 中田永一さんの作品によく見られる特徴の一つは、教室の隅の光の当たらない暗いところで学校生活を送っている地味な学生が主人公のお話が多いということです。「私の存在は空気」は6つの短編が収められ…

感想・書評「ハッピー☆アイスクリーム/加藤千恵」ネタバレ注意・前半が女子高生目線で描かれる5編の短編小説、後半が短歌集という構成(レビュー)。 #読書

ハッピー☆アイスクリーム/加藤千恵 この本は、前半が女子高生目線で描かれる5編の短編小説、後半が短歌集という構成になっています。大人になってしまえば高校生なんてまだまだお気楽な子どものように思えてしまいますが、当の本人は毎日を必死にもがいて生…

面白いのはこの本はずっと主人公が「話して」いるのです…感想・書評「ライ麦畑でつかまえて:J.Dサリンジャー作・野崎孝訳」ネタバレ注意・(レビュー)。 #読書

「ライ麦畑でつかまえて」予想外の内容! J.Dサリンジャー作の「ライ麦畑でつかまえて」。名前は聞いたことがありましたが一度も読んだことがありませんでした。本屋の外国文学のコーナーで特集されていたので買ってみることに。村上春樹さん訳のものと、野…

感想・書評「Only Sense Online 3-オンリーセンス・オンライン:アロハ座長・作画羽仁倉雲」ネタバレ注意・美少年ユンがネット内で何故か美少女になってしまいゲームを進めていく話(レビュー)。 #読書

Only Sense Online 3-オンリーセンス・オンライン著者アロハ座長・作画羽仁倉雲 オンリーセンスオンライン3巻を読んでみました。内容はオンラインゲームをプレイしている美少年ユンがネット内で何故か美少女になってしまいゲームを進めていく話ですがバトル…

感想・書評「陸王:池井戸潤」ネタバレ注意・先祖から受け継いだ足袋やさんの物語(レビュー)。 #読書

本のタイトル「陸王」 作者は池井戸 潤 池井戸さんの小説はいつ読んでも最後には涙を流してしまう場面があって、そのような場面が電車通勤の途中などにあると、向かいの席に座っている他人からおかしな目で見られてしまうので困るのですが、やはり読んでしま…

感想・書評「天空の舟―小説・伊尹伝ー上:宮城谷昌光」ネタバレ注意・夏王朝から商王朝への革命を成功に導いた宰相の伊尹の生涯を描いていますが(レビュー)。 #読書

天空の舟―小説・伊尹伝ー上 宮城谷昌光 絶対に読み切れないと思っていたのに……。 私がこの本を購入したのは、就職が決まった会社の社長から「宮城谷昌光さんの本をぜひ読んでおくように」と言われたからです。今まで歴史小説に挑戦しては途中で挫折を繰り返…

感想・書評「サッド・フィッシュ:佐藤青南」ネタバレ注意・エンマ様が元恋人である公安所属の男性のもと、ある国際テロ組織に(レビュー)。 #読書

サッド・フィッシュ 佐藤青南 ハラハラする展開にいっき読み 行動心理捜査官 楯岡絵麻シリーズの四作目になるミステリー小説だ。これまでのシリーズは基本的に楯岡絵麻こと「エンマ様」が行動心理学を用いて取り調べの際に犯人から供述させるようなパターン…

主人公「僕」は、病院で妙な本を拾います。「共病文庫」はクラスメイトの山内桜良が書いた、秘密の日記…感想・書評「住野よるのデビュー作:君の膵臓をたべたい」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

住野よる「君の膵臓をたべたい」は絶対に読むべき名作です 住野よるのデビュー作である「君の膵臓をたべたい」を読んでみました。 まず、タイトルが印象的ですよね。 一度聞いたら忘れることができないインパクトだし、どういう内容なのかいろいろと想像して…

感想・書評「魔法のコンパス:道なき道の歩き方:西野亮廣」ネタバレ注意・表紙カバーのデザインが「好き」という単純なものでした(レビュー)。 #読書

『魔法のコンパス』 道なき道の歩き方 西野亮廣(にしのあきひろ) - お笑いだけじゃない西野さんの本 まず、この本を購入しようと思ったきっかけは、表紙カバーのデザインが「好き」という単純なものでした。 本を手にするまでは、西野さんのファンでもな…

感想・書評「Re:ゼロから始める異世界生活1巻:長月達平」ネタバレ注意・引きこもり高校生のナツキ・スバルがコンビニから出ると目に違和感(レビュー)。 #読書

Re:ゼロから始める異世界生活1 長月達平 異世界生活、いいじゃん 引きこもり高校生のナツキ・スバルがコンビニから出ると目に違和感を感じた。目をこすり、目を開けると前には異世界が広がっていた。ゼロから始める異世界生活が、始まったのだ。

感想・書評「ホテル・ピーベリー:近藤史恵」ネタバレ注意・教師の職を辞した主人公が、ハワイ島の長期滞在ホテルで出会う「癒しと殺人」ミステリー(レビュー)。 #読書

「ホテル・ピーベリー」近藤史恵 ミステリーですが、どこか優しい話でもあります。 教師の職を辞した主人公が、ハワイ島の長期滞在ホテルで出会う「癒しと殺人」ミステリーです。 教師の職を辞めざるを得なくなった主人公の「傷み・哀しみ」が、少しずつ明ら…

三角関係のもつれで人が自殺したり、その罪の意識にさいなまれて、時間がたって命を絶つ人の話…書評・感想「夏目漱石著:こころ」中学二年生読書感想文の宿題で選んだ本(ネタバレ注意)。

夏目漱石著「こころ」を読んでみた。 忘れもしない中二の夏休み、私が宿題の読書感想文を書くために選んだのが、新潮文庫の100冊にも選ばれていた、夏目漱石の「こころ」でした。読み始めて「あー、失敗したな」と思ったのも懐かしい思い出ですが、こんな…

感想・書評「夜のピクニック:恩田陸」ネタバレ注意・青春したい!朝の8時から翌朝の8時まで歩いたり走ったりする歩行祭は、体力が落ちた今の私には絶対に無理だと思いますが(レビュー)。 #読書

「夜のピクニック」恩田陸 もう一回青春したい! この本を読んで、もう一度高校生に戻って青春したくなりました。 朝の8時から翌朝の8時まで歩いたり走ったりする歩行祭は、体力が落ちた今の私には絶対に無理だと思いますが…(いや、若いときでも絶対無理…

涼宮ハルヒの憂鬱/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・最後に高校生らしい姿を見せるのも可愛らしい…。 #ANIME

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」最終回は、日本の高校生のラブストーリーだった。 ブログ記事本文 わたしが「ハルヒシリーズ」を意識したのは、既にアニメ1期の放送が終わり、世間のハルヒブームが落ち着いてきた頃だった。放送が終了しているということは、最終…

感想・書評「わたしを離さないで/カズオ・イシグロ(訳:土屋政雄)」ネタバレ注意・綾瀬はるかさん主演ドラマの原作本(レビュー)。 #読書

わたしを離さないで/カズオ・イシグロ(訳:土屋政雄) 聞いたことある人もいるとは思いますが、ついこないだまでやっていた綾瀬はるかさん主演ドラマの原作本です。私もドラマを観て興味を持ち購入しました。

感想・書評「陽性:中尾明慶」ネタバレ注意・帯に、明石家さんまさんの推薦が!(レビュー)。 #読書

「陽性」 (中尾 明慶) 帯に、明石家さんまさんの推薦が! 中尾 明慶さんが書いた小説という事で凄く読みたくなって、思わず買ってしまいました。中尾さんは、3年B組金八先生のドラマでチューというニックネームのお調子者わんぱくな少年の役でした。その頃…

銀の匙/最終回・結末予想ネタバレ注意!ハッピーエンド?高校時代に作った会社を先輩と経営していくという。 #COMIC

八軒勇吾が農業高校で奮闘する、銀の匙。 これまでの簡単なあらすじ、内容紹介(気になる伏線・見どころなど)。 中学時代に色々あった主人公、八軒勇吾は受験勉強とは縁のない農業高校に入学する。今まで見たことも聞いたことも触ったこともないこれまでと…

感想・書評:島本理生『Red』ネタバレ注意・子育て中の女性が大胆な不倫を繰り返す(レビュー)。 #読書

島本理生『Red』子育て中の女性が大胆な不倫を繰り返す・・・ 島本理生さんと言えば、若い時に芥川賞候補にもなったことのある作家です。その方が、いわゆる官能小説を書いていました。主人公は30代の女性で、2歳の女の子がいて、夫とその両親と同居していま…

感想・書評「神々の山嶺(かみがみのいただき)夢枕獏」ネタバレ注意・イギリスの探検家マロリーは1920年代にエベレストの山頂をめざしました(レビュー)。 #読書

神々の山嶺(かみがみのいただき)ー 夢枕獏(ゆめまくらばく):エベレストの初登頂者はマロリーか? エベレストの初登頂者もしからしたら、イギリスの探検家マロリーかもしれない。 この現在までつづく実在する謎を物語の中心に据えて、日本の一人の登山家…

天上の青(曽野綾子)感想&書評!大量殺人鬼になって行く宇野と、そんな事は全く知らないクリスチャンの雪子(ネタバレ注意) #小説

天上の青(上、下)~古い作品ですが名作です 著:曽野綾子大量殺人鬼になって行く宇野と、そんな事は全く知らないクリスチャンの雪子、二人のなんとも表現のし難い関係のままストーリーが進んで行きます。 作者の曽野綾子が熱心なクリスチャンの為、主人公…

えどさがし(畠中恵)感想&書評!しゃばけの外伝、若旦那以外の妖達の色々の短編集に(ネタバレ注意) #小説

えどさがし(畠中 恵)鳴家のかわいさ健在 大人気シリーズしゃばけの外伝です。外伝なので若旦那関係のお話ばかりでなく周りを取り巻く妖達の色々の短編集になっています。特におすすめは最後の1話、タイトルになっているえどさがしです。 このシリーズには…

紙の月(角田光代)感想&書評!銀行に勤める真面目で平凡な主婦・梅澤梨花が、多額の横領犯へと変わっていく姿が(ネタバレ注意) #小説

『紙の月』著者・角田光代 1人の女が過ちを犯すまで パートとして銀行に勤める真面目で平凡な主婦・梅澤梨花が、多額の横領犯へと変わっていく姿が描かれている「紙の月」。梨花は、偶然出会った年下の男・光太との関係がきっかけで、着服へと手を染める。 …

ZOO1(カザリとヨーコ(乙一)感想&書評!映像化もされていてそちらもオススメです(ネタバレ注意) #小説

「ZOO1(カザリとヨーコ)」 乙一 ZOOは短編集なのでその中から「カザリとヨーコ」を。 主人公は中学2年生の女の子ヨーコ。双子の妹カザリ、ママと3人暮らし。まず、ママのヨーコに対する虐待が食事も与えられず寝床は座布団、持ち物は物置、精神的・身体的虐…

魔法科高校の優等生3巻(原作:佐島勤・作画:森夕)感想&あらすじ・主人公と妹の深雪が仲良くデートをしているところから…ネタバレ注意。 #マンガ

感想 この作品は「魔法科高校の劣等生」という作品のスピンオフ作品だそうで初めて読んだので設定がよくわからず困惑しながら読んでいました。あらすじは、魔法を扱う職業「魔法師」を養成する実際には存在しないの教育機関「魔法科高校」という学園を舞台に…

感想・書評:リチャード・シャープ「絶望の要塞」あらすじ・今回は海に面した要塞での対フランス海軍ということで…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 リチャード・シャープ「絶望の要塞」 バーナード・コーンウェル著 リチャード・シャープシリーズと言うと、陸軍の話なので陸での戦闘がこれまでの主だったのだが、今回は海に面した要塞での対フランス海軍ということで、ちょっと趣が違う。…

感想・書評:容疑者Xの献身(東野圭吾)あらすじ・天才数学者の石神は、高校の数学教師をしている…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 容疑者Xの献身/東野圭吾 (映画化もされている 東野圭吾作品はいつも、割り切れない人の心を描いてくれていますが、この作品は、そのなかでも1番といっていいほど、人の弱さ・強さ・エゴを描いている作品だと思います。【あらすじ】 シリー…

感想・書評:「デルフィニア戦記」(茅田砂胡)あらすじ・舞台は架空の国、そこに迷い込んだ、人間とは思えない…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 「デルフィニア戦記」by茅田砂胡 茅田砂胡(かやたすなこ)さんの「デルフィニア戦記」が大好きです! でもコレを今から読み始めるのは、ちょっと勇気がいるかも? なにせ本編が18巻、そこから派生したストーリーが今も継続中ですから。

感想・書評:戯言シリーズ(西尾維新,全6タイトル9冊)&あらすじ・主人公は本当の名前は明かされていません…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 戯言シリーズ 西尾維新 全6タイトル9冊 西尾維新の作品の戯言シリーズが面白いです!!! 高校生の時に出会い、それ以降ずっと愛しています! 主人公は本当の名前は明かされていません、基本的にはその主人公目線でお話が進んでいきます。…

感想・書評:生存者ゼロ/あらすじ・北海道で発生したとある感染症の爆発感染を本州まで広めない為に…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 このミステリーがすごい!大賞作品「生存者ゼロ」 この作品はこのミステリーがすごい!の大賞作品です。でも内容は一般的に思われるミステリーととは違い所謂SFモノです。話の北海道で発生したとある感染症の爆発感染を本州まで広めない為…

感想・書評:憑神(浅田次郎)あらすじ・舞台は幕末、貧乏旗本の次男坊に生まれた主人公の別所彦四郎…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 神様にもいろいろいるものです。憑神・浅田次郎 神様というと、そのイメージは、畏れ多きもの、人々の所願を成就していただける有難い存在というのが通念でありますが、よくよく考えてみると「神」と名のつく存在はそれだけに限りません。…

感想・書評:夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦)あらすじ・京都の女学生と、その女学生に夢中の先輩の日常を描いた小説…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫): 森見 登美彦 京都の女学生と、その女学生に夢中の先輩の日常を描いた小説です。内容としては、学生など若い人向けの内容になるのかな。私の50代の母親は数ページ読んで諦めました(笑)その一方で、文体に癖…

感想・書評:火の粉(雫井脩介著)あらすじ・恐怖のノンストップサスペンス…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 火の粉 雫井脩介著 恐怖のノンストップサスペンス 裁判官の主人公が、無罪を言いわたした男が隣の家に引っ越してくる。ここからこの話はスタートします。徐々に距離を縮めてくる男に、裁判官は本当にこの男の無罪判決は正しかったのか疑問…

感想・書評:魔術はささやく(宮部みゆき)あらすじ・推理小説の部類に入るようなのですが…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 宮部みゆきさんの魔術はささやく この小説は推理小説の部類に入るようなのですが、私には何を推理していいのか分からず、最後までドキドキしながら読みました。おやすみ前に布団で読み始め、最後が気になってラストまで辿りついたのが朝の4…

感想・書評:不毛地帯・山崎豊子/あらすじ・日本人が忘れてはならないシベリア抑留の真実…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 不毛地帯・山崎豊子 日本人が忘れてはならないシベリア抑留の真実 どうしたらここまで緻密な取材が出来るのだろう・・・山崎豊子さんの小説を読むたび思うことです。ほとんどが事実に基づき、実在した人物をモチーフししていることから、リ…

感想・書評:アルジャーノンに花束を(ダニエル・キイス著)あらすじ・ドラマでは最後は感動のハッピーエンドで終わっていますが…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス著 ダニエル・キイス文庫 一昔前話題になったドラマの原作です! かなり昔ですが、日本でドラマにもなったこちらの作品の原作を改めて読んでみました。ドラマでは最後は感動のハッピーエンドで終わ…

感想・書評:テロリストのパラソル( 藤原伊織)あらすじ・主人公がなんと中年のホームレスだという…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 テロリストのパラソル (角川文庫): 藤原 伊織著 暇つぶしにはもったいないレベルの小説! この小説を読み始めてまず驚くのが、、主人公がなんと中年のホームレスだということです。サスペンスの犯人を捕まえる役とは、元来デキる警察官であ…

感想・書評:疾走(上・下)重松清(シゲマツキヨシ)主人公が郷里を思い出す描写は圧巻です…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 疾走(上・下)重松 清(シゲマツ キヨシ)著 角川文庫 ずっしり気が重くなる一冊です(笑) 上・下刊とあり、かなりボリュームのある内容ですが、非常に読みごたえのあるストーリーとなっています。重松清の小説は、以前から少し内容が若…

感想・書評:ナースのお仕事2(脚本,江頭美智留/ノベライズ,藤村尚介)あらすじ・本格的な医療ドラマより気楽に、楽しく読める…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 ナースのお仕事2 脚本江頭美智留 ノベライズ藤村尚介 いわずと知れた「ナースのお仕事シリーズ」の第2弾作品。 「ナースのお仕事」は、新人のドジっこナース、朝倉いずみの成長を描く作品。

感想・書評:陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎)あらすじ・彼らのポリシーは人を傷つけずに、颯爽と盗んでいく事…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎 陽気なギャング。そんなのはギャングらしくないと思われがちだが、この作品に登場するギャング達は明らかに一般人のような生活を送り、思考回路も異常ではない。陽気なギャングというよりは、むしろ…

感想・書評:十二国記「風の万里 黎明の空」上・下&あらすじ・慶国の王、陽子を軸にして物語は進んでいるのですが…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 十二国記 風の万里 黎明の空 上・下 これは異世界にある十二国を題材としたお話です。 慶国の王、陽子を軸にして物語は進んでいるのですが、この巻、長めの上下巻になっているのですが内容がぎっしり詰まっております。 この話では3人の女…

感想・書評:古橋秀之「ある日、爆弾がおちてきて」・一番のオススメは「三時間目のまどか」という作品…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 古橋秀之「ある日、爆弾がおちてきて」 一見すると物騒なタイトルではありますがその内容は時に甘く時にほろ苦いボーイミーツガールものであり、同名のタイトル及びその他の作品をいくつか収録した短編集です。いずれの作品も現実味を帯び…

感想・書評:邂逅の森(カイコウノモリ,熊谷達也著)あらすじ・東北のマタギの主人公の一生を描いた作品…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 邂逅の森(カイコウノモリ) 熊谷達也著 この本は、東北のマタギの主人公の一生を描いた作品です。マタギの世界って聞きなれない…、しかも現代ではなく少し昔の話…とのことで、読み始める前は完読できるか自信がありませんでした。しかし読…

感想・書評:遺書ー5人の若者が残した最後の言葉(幻冬舎文庫)ベストセラーにもなってもいない本ですが、読みだしてみると、面白い…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 遺書ー5人の若者が残した最後の言葉/幻冬舎文庫 私はあまり本を読まないのですが、書店でこの「遺書ー5人の若者が残した最後の言葉」 という本を目にした時、読んでみようと思い購入しました。 このベストセラーにもなってもいない本で…

感想・書評:オー・マイ・ガアッ! (浅田次郎)あらすじ・主人公の一人、大前剛が流れ着いたのは、一晩にして億万長者にも…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 オー・マイ・ガアッ! ・浅田次郎 これほどまでにお人よしのおバカな大人が果たして存在するのか・・・主人公の一人、大前剛が流れ着いたのは、一晩にして億万長者にも一文無しにもなれる夢のラスベガス。そこで知り合ったのは、元キャリア…

感想・書評:炎立つ(高橋克彦)あらすじ・東北のルーツに魅せられる、初の征夷大将軍である坂上田村麻呂は、朝廷の命を受け…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 炎立つ・高橋克彦 東北のルーツに魅せられる 歴史というものは実に面白い。視点の角度をちょっと変えて見ると、それまでの正否がまったくもって逆転してしまったりするのですから。 中学生の頃、歴史の授業で教わったこと。初の征夷大将軍…

感想・書評:そのケータイはXX(エクスクロス)で[上甲宣之]あらすじ・主人公しよりは恋人と別れた傷を癒すために友人の愛子と…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 そのケータイはXX(エクスクロス)で 上甲宣之 物語冒頭から思いっきりホラー! 主人公しよりは恋人と別れた傷を癒すために友人の愛子と田舎の古びた旅館に泊まる。 宿泊している部屋の押入れから携帯のなる音。 もちろん自分のものでも一…

感想・書評:精霊の守り人シリーズ(上橋菜穂子)あらすじ・どこかの国の史書かと一瞬思う位リアリティを…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。**「精霊の守り人」シリーズ(上橋菜穂子)ファンタジーって子供だましでしょ、イイ大人になってまで読むものじゃないでしょ、と思ってる人は物凄ーく損してます。 中には子供だましのものもありますけど(どれとは言わない)とんでもない傑…

感想・書評:八朔の雪―みをつくし料理帖(高田郁)あらすじ・料理人の少女・澪、文化の違いに戸惑いながらも…ネタバレ注意。

寄稿頂きました。 八朔の雪―みをつくし料理帖( 高田 郁) とある事情で大阪から江戸に出てきた料理人の少女・澪。 文化の違いに戸惑いながらも、料理人としての才能を開花させ自らの人生を切り開く―。 とにかく主人公の澪ちゃんが、常に一生懸命で健気なと…